オトナ留学MBAはミライズ留学に名称が変わりました!
ミライズ留学は2019年5月に新校舎に移転しました。それ以前のものは旧校舎の情報となります。

フィリピン・セブ島留学

フィリピン・セブ島留学に絶対必要な「SSP」とは?

こんにちは!MeRISEブログのライターのKatsuyaです。

フィリピン・セブ島留学には「SSP」の申請が必要だということをご存知でしょうか。

僕も1か月のセブ島留学の経験がありますが、留学前までは全く知らなかったです!

今回は「SSP」について詳しく紹介をしていきます。

「SSP」のことを知りたい方は、この記事を読めばバッチリです!

SSPとは

SSPの申請

SSP(Special Study Permit)は直訳すると「特別就学許可証」です。

外国人が観光ビザでフィリピン国内で合法的にフィリピン・セブ島留学をする場合、留学期間に関わらずSSP申請が必要になります。

1週間〜6ヶ月の期間、留学をする場合はSSP申請は1回必要になります。6ヶ月以上の留学をする場合は、SSP申請を再度申請する必要があります。

SSP申請は学校ごとにする必要があり、留学期間中に転校をする場合は期間内であっても転校先で再度SSPの申請をする必要があります。

SSP申請をせずにレッスンを受けることは法律違反になります。SSP申請をせずに留学し、フィリピン当局の摘発を受けると入国管理法違反となり2万ペソの罰金が科せられ、国外追放処分を受けます。

学生ビザとSSPの違いとは

学生ビザの申請が必要なのは、フィリピンの大学や大学院へ就学する場合になります。フィリピン・セブ島留学の場合は、観光ビザで滞在をするので、学生ビザではなく、「特別就業許可証」が必要になるのです。

SSPの取得を要しない語学学校は、フィリピン不認可の語学学校になります。国に未届けで学校運営をしているということなので語学学校選びの際はSSP申請の有無を確認しましょう。

SSP申請の方法・料金

結論から言うと、SSP申請は語学学校が代行申請をするのでご安心ください。

事前の登録申請もありません。語学学校にSSP料金をお支払いすれば大丈夫です。

SSPの申請料金は6000〜6500ペソ程度、日本円で13000から14000円です(2019年7月時点)となっています。

SSP申請に必要なもの

・パスポートのコピー

・5cm×5cmの背景が白い証明写真 3枚

を用意していただく必要があります。

(現地でもコピーと証明写真をとることも可能です)

ミライズ留学では最初のオリエンテーションの際に、SSPで必要な写真をその場で撮影致しますので、予め準備する必要はありません。ご安心くださいませ!

まとめ

まとめ

SSPは、フィリピン・セブ島留学をする際に必ず必要なものになります。フィリピン・セブ島の数多くある語学学校の中には、フィリピン当局の許可を受けずに運営し、SSPを発給しない語学学校が存在します。

語学学校を選ぶ際は、SSP申請の有無、TESDA認可校かどうかの確認をするようにしましょう。

「TESDA」とは、(Technical Education and Skills Development authority)フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁の略称で、フィリピン政府によって、学習カリキュラムや講師の指導、財政や安全運営面で水準を満たした学校にのみ認定が受けられます。登録校はわずか5%前後と言われています。

ミライズ留学は、SSP、TESDA認定校です!

 

ミライズ留学では、お一人おひとりに学習カリキュラムを作成し、現状のニーズに合わせた質の高いレッスンを快適な環境で取り組むことができます。

また、世界のビジネス現場で通用するビジネスパーソンのためのレッスンもあり、英語初心者から上級者まで満足のいくレッスンを提供しています。

 

ミライズ留学ではフィリピン・セブ島留学を日本でも無料体験・カウンセリングを受けることができます。

無料体験レッスンで雰囲気を知り、プロの留学カウンセラーから話が聞けるので、フィリピン・セブ島留学のイメージをつけるためにも受講してみることをおすすめします。

無料体験レッスンはこちら!

ミライズ留学をもっと知るなら無料相談

フィリピン・セブ島語学学校ミライズ留学は、英会話初心者〜上級者まで幅広いニーズにお答えして、社会人に特化した語学留学を提供しています。

「グローバルで活躍できる英語力を欲しい」「英語初心者だけど1から語学留学で、英語を習得させたい」と考えている人は、プロのカウンセラーによる無料相談がおすすめです!

無料相談公式サイト