オトナ留学MBAはミライズ留学に名称が変わりました!
ミライズ留学は2019年5月に新校舎に移転しました。それ以前のものは旧校舎の情報となります。

フィリピン・セブ島留学

フィリピン・セブ島留学って日本人が少ない語学学校が良いの?答えはNoです。

フィリピン留学って日本人が少ない学校が良いの?答えはNoです。
フィリピン・セブ島での留学を考えているけど、日本人が少ない学校を探しています。どこかおすすめはありますか?

フィリピン留学・セブ島留学を検討されている方の中で、「日本人が少ない語学学校を探している」という人は多くいます。

英語を学びに行く留学なので、レッスン以外の時間帯も英語が話せる環境を作りたいという気持ちは分かりますが、フィリピンでの留学であればそれは間違いです。

この記事では、「日本人が少ないフィリピンの語学学校を探している」という方向けに、こういった疑問についてまとめています。

  • 日本人が少ない語学学校と限定して学校選びをするのは危険
  • フィリピン・セブ島留学で失敗しない語学学校選びをする方法

僕は、フィリピン・セブ島での英語留学を3校経験しており、フィリピン・セブ島留学を紹介する留学カウンセラーとして以前働いていたので、「日本人が少ないから良い」と考えている人ほど、失敗する可能性があるなと。

フィリピン・セブ島留学の語学学校先を探している人は、この記事をチェックして失敗しない語学留学をしましょう。

日本人が少ない語学学校を探しているのは危険

日本人が少ない語学学校を探しているのは危険

日本人が少ない語学学校を探している人のほとんどが、せっかくの海外留学なので日本人との関わりを出来るだけなくしたいと考えている方だと思います。

ですが、日本人が少ない語学学校がおすすめできるかと言うと答えはノーです。

理由として、以下の3つが挙げられます。

  • 日本人向けに学校が運営されていない可能性がある
  • 他国の留学生と英語を話したから上達するわけではない
  • 日本人が少ない語学学校=英語を話せる機会が多いは間違い

日本人向けに学校が運営されていない可能性がある

フィリピン・セブ島留学の始まりは、もともと韓国人が手軽に安く英語留学ができる国としてフィリピンを選んだのがキッカケです。

今でこそ、フィリピンの特にセブ島では日本人経営の語学学校が増えつつありますが、韓国人経営の学校が数年前までほとんどを占めていました。

つまり、

日本人が少ない=韓国人が多い

語学学校ということになります。

韓国人がメインの語学学校となるため、食事が韓国料理がメイン・カリキュラムも韓国人向けのスパルタ(厳しい校風)・日本人のサポート体制が整っていない語学学校なども多く見受けられます。

全ての語学学校がそうではないですが、単純に「日本人比率」のみを気にして語学学校選びをすると「生活環境に適応できない」可能性があります。

他国の留学生と英語を話したから上達するわけではない

フィリピン・セブ島留学では、英語の講師と1対1のマンツーマンレッスンが人気を集めていますが、授業以外でフィリピン人の英語の講師と交流する機会はほとんどありません。

滞在先では、同時期に留学している留学生との交流がほとんどです。

ここで勘違いしてはいけないのが、他国の留学生と英語で交流したから英語力が飛躍的に上達するかと言うと答えはノーです。

理由として、韓国人や中国人・ベトナム人などの留学生は同じように英語を学びに来ている留学生だからです。

「英語の練習をする時間を作る」という意味では、他国の留学生との英語を話す時間は有意義だと思いますが、同じ英語レベルの留学生とコミュニケーションを取ったところで劇的な英語上達は難しいのが現実です。

それよりかは、フィリピン人講師と交流を重要視している語学学校を選んだり、自由に外出できる語学学校を選んで、英語が堪能なフィリピン人と会話をする時間を自分で作った方が英語の勉強という意味では効率的です。。

「多国籍の環境でいろんな文化に触れながら英語を学びたい」という理由がなく、日本人比率のみを気にしているのであれば、もう少し別の視点から語学学校選びをすることをおすすめします。

日本人が少ない語学学校=英語を話せる機会が多いは間違い

「日本人が少ない語学学校=英語を話せる機会が多い」

このように考えているのであれば、フィリピン・セブ島留学は失敗する可能性があります。出来るだけ日本語を使う環境を断って留学生活を送ろうと考えているのは素晴らしいことですが、日本人比率の少ない語学学校のほとんどは韓国経営の語学学校です。

周りが韓国人なため、基本的に生活のなかでの言語は韓国語になります。

日本人が多い学校で、授業以外の言語が日本語がメインになるのと理由は一緒で韓国人同士が英語を率先して話しているわけではないので、レッスン以外の時間も英語が常に飛び交っている環境というのはありません。

結局、同じ国籍同士の生徒が共通の言語を話せるのに英語で話す事自体は稀なわけで、日本人比率を見るのではなく国籍比率をしっかりと確認する必要があります。

そもそも、英語を日常生活の中で使う環境は自分次第で、日本人がメインの語学学校でも行動次第でいくらでも英語の環境は作れます。

「日本人比率」は英語力上達と関係ない。最適な学校選びの方法

「日本人比率」は英語力上達と関係ない。最適な学校選びの方法

フィリピン留学・セブ島留学において、英語習得を目指しているのであれば「日本人比率」は特に気にするべき点ではありません。

欧米留学などフィリピンとは別の留学先であれば、日本人が少ない語学学校を選ぶのは多国籍な環境で学べるという選択肢が増えますし、アジア人以外の国籍の人ってアグレッシブで圧倒的に日本人より英語を話すことに対してアグレッシブなので会話の練習になったりします。

また、文化交流という意味では貴重な経験ができます。

ですが、フィリピン・セブ島留学では1週間〜3ヶ月程度の短期間での留学を考えている人がほとんどということを考えると、日本人向けに作られた語学学校でカリキュラム重視で英語を学ぶことをおすすめします。

参考までに、「日本人比率」に固執せずに、フィリピン・セブ島留学の語学学校の選び方を経験からまとめました。

国籍比率を確認する

「日本人が少ない語学学校」を探すのではなく、英語を話す時間を日常的に設けたいということであれば、国籍比率をポイントとして確認しましょう。

  • 日本人は少ないけど、韓国人が圧倒的に多い=韓国人同士は韓国語で話している
  • 国籍比率が良い感じにバラけている=日本・韓国・中国・ベトナム・タイなど留学生同士の会話が英語

見るべきポイントを変えるだけで、目的に合わせた語学学校を選べるはずです。

ただ、一つだけ注意しておくべきポイントは時期によって国籍比率は異なるので、年間の国籍比率ではなく留学に行く時期にどんな留学生が多いのかを確認しておきましょう。

カリキュラム・施設環境で語学学校を決める

短期留学なら、日本人比率を気にせずに語学学校を選ぶのも個人的におすすめです。

フィリピン・セブ島留学の各都市や人気なセブ島などは、東南アジアの発展途上国なので日本と生活スタイルも全く異なります。

フィリピンの生活に適応せずに、肝心のレッスンを集中して受講できなかったということであれば、時間を無駄にしかねません。

それを考えると以下に挙げた点などをもとに語学学校選びのポイントとして見ておくべきです。

  • 語学学校の施設環境
  • 滞在施設の環境
  • 日本人サポートの環境
  • 食環境

また、生活環境以外にも日本人向けに作られたカリキュラムを提供している語学学校であれば、短期間でも英語力上達の効果を出しやすいという点もあります。

フィリピン・セブ島留学ではマンツーマンレッスンを1日平均6時間ぐらいは受講できる語学学校がほとんどなので、正直かなり疲れますし体力が入ります。

レッスン以外の時間も快適に過ごせる語学学校選びをしてみることをおすすめします。

フィリピン人の講師の質が大事

留学のに肝となるのは、フィリピン人の英語を教えてくれる講師の存在です。

1対1のマンツーマンで学べるスタイルが特徴のフィリピン・セブ島留学ですが、相手がフィリピン人ならそれで英語が上達して効果の高いレッスンが受けれるわけではありません。

日本人留学生が多いゴールデンウィーク・年末年始・夏休みなどの時期は講師が足りずに大学生の講師を臨時で雇っていたり、通常の時期でもきちんとトレーニングせずにレッスンを提供している語学学校も少なくありません。

留学前に講師の質やレッスンの雰囲気を見極めるのは難しいですが、どのような講師トレーニングをしているのか?を見てみたり、口コミを確認してみるのも大事です。

最後に:日本でセブ島留学体験をしてみるのもあり。

最後に:日本でフィリピン留学体験をしてみるのもあり。

日本人が少ないという点に絞って語学学校選びをする危険性をこの記事ではまとめてきましたが、当ブログ(MeRISEブログ)を運営しているフィリピン・セブ島語学学校ミライズ留学(旧オトナ留学MBA)は、日本国内でミライズ英会話(旧START-UP ENGLISH)という語学学校を東京都内に複数の校舎を構えて運営しています。

僕自身もこの語学学校の卒業生ですが、他の語学学校と比較して講師の質は高いですし、何より生活環境が圧倒的に良いです。

講師やレッスンの雰囲気は、日本の姉妹校で実際にミライズ留学(旧オトナ留学MBA)で担当していた講師と体験レッスンを受けれるので、フィリピン人講師とのマンツーマンレッスンをイメージしたい人は参加してみることをおすすめします!

無料体験レッスン&面談はこちら
 

今回の記事を参考にして、最適な語学学校を見つけてフィリピン・セブ島留学をより良いものにしていきましょう!

ABOUT ME
よっしー
【ミライズ留学専属外部ライター】 フィリピン留学とオーストラリア留学経験者。フィリピンでは、3つの語学学校の留学経験とセブ島に1年以上滞在してました。ミライズ留学卒業生でもあり、「MeRISEブログ」では、フィリピン・セブ島留学の魅力をまとめていきます。
ミライズ留学をもっと知るなら無料相談

フィリピン・セブ島語学学校ミライズ留学は、英会話初心者〜上級者まで幅広いニーズにお答えして、社会人に特化した語学留学を提供しています。

「グローバルで活躍できる英語力を欲しい」「英語初心者だけど1から語学留学で、英語を習得させたい」と考えている人は、プロのカウンセラーによる無料相談がおすすめです!

無料相談公式サイト