オトナ留学MBAはミライズ留学に名称が変わりました!
ミライズ留学は2019年5月に新校舎に移転しました。それ以前のものは旧校舎の情報となります。

ミライズ留学

【MeRISE(ミライズ)留学】 1日目のスケジュールをまとめました!

オトナ留学MBAオリジナル校外観

フィリピン・セブ島留学でオトナ留学を検討している方向けに、私が実際に体験した留学初日のスケジュールをまとめました。

セブ島留学を検討している方が、スムーズに留学生活を行えるように内容をまとめたので ぜひ参考にしてください!

MeRISE(ミライズ)留学 1日目のスケジュール

セブ島留学の1日目のスケジュールを朝から見ていきましょう!
※旧校舎のスケジュールになります。

6:30  起床・朝食
校舎内にある1FのレストランAjitoで朝食。ミライズ留学(旧オトナ留学MBA)では、日本人オーナーが経営しているレストランで朝食が提供されているので好きなものを選んで食べることができます。

オリエンテーションのある月曜日のみ6:45~営業してます。
*通常は7:30~の営業

7:30  2Fのオリエンテーションルームへ
留学生活の流れや注意点などをスタッフの方から説明していただく、オリエンテーションに参加。簡単な自己紹介と生活上の注意などがあります。

ミライズ留学は寮と学校が同じ建物内なので慣れない生活で慌ただしい初日もとてもスムーズ!

8:30 入学テスト
英語力チェックのための入学テスト開始。これが思ったより難しい…
TOEICのような内容ですが、英語の4技能(聞く、話す、読む、書く)レベルを細かくチェックするテストで、最後には慣れない「WRITING」で英語で長文までありました。セブ島留学期間中に、どれまで英語力が伸びるかが楽しみです!

*1週間の留学の方は、英会話レッスンを多く受けてもらうためにテストなしで授業がスタートします。

9:40 英会話レッスンスタート!
入学テストが終わると、いよいよ英会話レッスンのスタートです!私はスピーキング、続いてライティングの授業でした。
初めてのマンツーマンの英会話レッスン。優しいフィリピン人の先生達が私のペースに合わせてレッスンしてくれるのでとても分かりやすくリラックスして授業が進みます。1対1のマンツーマンレッスンなので、ずっと会話が続いていき英語を話すことが楽しくなりました。

11:30 ランチタイム
ミライズ留学では校舎内の1Fで日本食レストランのAjitoと提携。留学生にランチとディナーを提供しています。

数多くのメニューが有るのですが、私はゴーヤチャンプルー定食を選びました。胃の弱い私はセブ島の食事に不安があったので、日本食を食べれてとても安心感を感じました。

MBAオリジナル校アジト(Ajito)レストラン

12:30 午後のレッスンスタート!
ランチタイムが終了したら、引き続きマンツーマンレッスンが続きます。1コマずつ自習時間とグループレッスンの時間も。英語を一日中話し続けるという慣れない生活は予想以上に疲れます。自習時間も眠気に襲われますので、前日は早めに寝ることをお奨めします。

MBAオリジナル校 教室

17:30 現地案内&現地支払い費用支払い
英会話レッスンが終わると、近所のショッピングモールへ。
ミライズ留学の学校スタッフが同行してくれ、同時期に留学している生徒と一緒に皆で向かいます。現地での生活費はこのショッピングモールで両替できます。
その後、スーパーへ。足りない生活用品を購入することができるので、日本から最低限のものを持参しておけば生活に困ることはありません!

Robinsons Fuente

19:00 アペリティーボ(歓迎会)
ミライズ留学では、入学初日の月曜日に「歓迎会」という名の異業種交流会を実施しています。ミライズ留学のスタッフや既にセブ島で留学生活をしている方などもも参加するので、様々なバックグラウンドを持つ社会人の方と異業種交流をすることできます。
私と同時期に留学していた留学生は広告、金融、保険、税理と幅広い業種の方がいたので業界の裏話から税の話まで幅広く盛り上がりました。「『生きる知恵』を学んだね~」とみんな口にする会でした。
ミライズ留学では普段日本で出会うことのない業種の方々との交流をすることができる機会があるので知識の幅が広がる時間にもなります!
日本語での楽しい食事が英語で疲れた頭をリラックスしてくれます。

留学初日にむけての準備

実際に留学1日目を体験してみて準備しておけば留学がスムーズに進む内容をまとめました!

①自己紹介を英語で話せるようにしておきましょう

まず、セブ島での英語留学をするに当たって
自分の「出身地」「職業」「趣味」は英語で話せるようにしておくと何かと便利です。
日本では話す機会があまりないので、「趣味」でさえ一瞬「なんだったっけ?」と思うし、予習しておかないとなかなか英単語も出てこないので最低限自己紹介は出来るように英語の勉強をしておきましょう!

留学前に必ず自己紹介は、作っておきましょう!

②「留学理由」は英語で先生に伝えられるようにしましょう

フィリピン留学では、先生と生徒で1対1で英会話レッスンが進むため「なぜ、英語を学ぶのか?」ということを細かに聞かれます。
MBAは、一人ひとりに合わせたオーダーメイド型のレッスンが特徴のため「留学理由」をもとに次の日からの英語の学習カリキュラムが作られていきます。
私は「TOEICスコアをアップする」というのが今回の留学目的で分かりやすい理由だったので英語で伝えるのは問題なかったのですが、同じ時期に留学した生徒さんに話を聞いてみると、英語でのガイドやカスタマーサービス、ビジネス目的などで自分の留学目的を英語で伝えるのに苦労したと言う方もいました。

有意義な留学生活を送るためには最低限留学をする理由を英語で話せるようになっておくことが重要です!

③冷房対策の上着は必要!マストで準備しよう!

セブ島は、1年中夏なのですが、実際にセブ島で生活をしていると室内が冷房でかなり寒いなんてことも…席によっては冷房が直撃することがあります。
冷房対策用の上着を準備しましょう。ひざかけやストールがあっても便利です。
私は行き帰りの飛行機の冷房対策用にスパッツも準備していたのでロングワンピースの日などは下にスパッツを履くようにしています。
集中して英語学習をするのであれば、冷房タスクはマストで準備しておく必要があります!

セブ島留学初日の感想

ミライズ留学(旧オトナ留学MBA)の校内施設は、同じ建物内に学校と寮があるので通学不要で、ストレスなく移動ができます。
前日のフライトで疲れていて、日本とは異なる環境のため学校と滞在施設の通学があったら緊張感いっぱいだったと思います。

その負担がないミライズ留学での留学初日は英語の授業に集中ができる充実した1日でした。

また夜の「歓迎会」で同時期に留学している生徒さんとの交流でグッと距離が近くなり心強い。。とともに遊ぶ予定もたくさん入ったのでON-OFFのバランスのとれた留学生活に期待がもてる1日になりました!

今回、ミライズ留学(旧オトナ留学MBA)での1日目のスケジュールをまとめましたが、留学生活は何かと不安なことも多いですよね。

ミライズ留学(旧オトナ留学MBA)では、留学生の方がスムーズにセブ島留学を行っていただくために、留学説明会や無料体験レッスンも実施しています。
説明会や無料体験レッスン、個人面談を受けることで よりリアルな留学情報が得られて留学生活をイメージできるのでオススメです!

 

公式ページ

 

ABOUT ME
よっしー
【ミライズ留学専属外部ライター】 フィリピン留学とオーストラリア留学経験者。フィリピンでは、3つの語学学校の留学経験とセブ島に1年以上滞在してました。ミライズ留学卒業生でもあり、「MeRISEブログ」では、フィリピン・セブ島留学の魅力をまとめていきます。
ミライズ留学をもっと知るなら無料相談

フィリピン・セブ島語学学校ミライズ留学は、英会話初心者〜上級者まで幅広いニーズにお答えして、社会人に特化した語学留学を提供しています。

「グローバルで活躍できる英語力を欲しい」「英語初心者だけど1から語学留学で、英語を習得させたい」と考えている人は、プロのカウンセラーによる無料相談がおすすめです!

無料相談公式サイト