オトナ留学MBAはミライズ留学に名称が変わりました!
ミライズ留学は2019年5月に新校舎に移転しました。それ以前のものは旧校舎の情報となります。

フィリピン・セブ島留学

【どっちがいい?】オーストラリア留学とフィリピン・セブ島留学の比較!

こんにちは!MeRISEブログのライターのKatsuyaです。

今回は、留学先として人気のある「オーストラリア留学」と「フィリピン・セブ島留学」に焦点を当て紹介していきます!

留学先選びをする際に上記の2つで悩む人が多いと思います。

僕はそれぞれのメリット・デメリットを比較した結果、「フィリピン・セブ島留学」を選びました。

この記事ではそれぞれの留学について詳しく紹介しているので、留学先選びで悩んでいる人はこの記事を参考にしてみてください!

それぞれの国に特徴があるので、この記事を参考にご自身の目的に合う留学先を選んでください!

オーストラリアとは

オーストラリア

オーストラリアは、年間平均気温が18度ほどの為、1年間を通して温暖な国です。地域により四季がある場所と、夏と冬の2つの季節しかない場所の2種類があります。

オーストラリアは全体的に治安が良く、世界で最も住みやすい都市ランキングにシドニーやメルボルンはランクインしたこともあります。また、オーストラリアは多民族国家として成長した国であり、実際に世界各国から留学生が訪れています。

オーストラリア留学の特徴

オーストラリア 特徴

オーストラリアは、留学先が多く、主にシドニー、メルボルン、ゴールドコースト、ケアンズ、パース、アデレード、ブリスベンといった7つの都市が人気です。

レッスンは、基本的にグループでのレッスンになります。1クラスは10人前後で構成されているため、英語を話す機会は少ないです。また、グループでレッスンが行われるため、理解出来ていないまま、レッスンが進んでしまうということが起こります。すでにある程度の英語力がある人にグループでのレッスンは効果的です。

オーストラリアは日本と比べると物価が高く、オーストラリア留学をする場合、費用は1ヶ月で50万円ほどかかります。長期での留学を考えている人は、ある程度の貯金が必要になります。

 

オーストラリアでは、期間に関係なくビザが必要になります。

ETA

3ヶ月までの短期観光、就学ができる

ETAの申請自体は無料ですが、ETAの申請窓口になっているサイトが手数料を取っている為、実質的には有料になります。オーストラリアの入国管理局のサイトで申請する場合は、20豪ドル(日本円で約1400円)になります。

・学生ビザ 

3ヶ月以上の就学を予定している人

学生ビザの申請は560豪ドル(日本円で約4.7万円)の費用が必要になります。

・ワーキングホリデービザ 

1年間、オーストラリアで観光・就労などができる

ワーキングホリデーのビザ申請料金は440豪ドル(日本円で約3.6万円)かかります。

オーストラリア留学では、学生ビザで滞在している人も、現地でアルバイト(週20時間まで)をすることができます。

学業と両立できる人は、アルバイトをしながら留学をすることが可能のため金銭的に余裕がない人や現地でアルバイトをしたい人にオススメです。

フィリピン・セブ島とは

フィリピン セブ島

フィリピン・セブ島は、温暖地帯に位置し、年間平均気温は28度の南国です。日本の夏のようにジメジメとした暑さではないので過ごしやすいです。

フィリピン・セブ島の治安は比較的いいです。セブ島の治安は、ニューヨークと同じくらいと言われており、夜間の単独行動は避けた方がいいですがセブ島の治安は安定しています。

ほぼ1年中キレイなビーチを楽しむことができるため、留学生のみならず多くの観光客も日本から訪れています。

フィリピン・セブ島留学の特徴

フィリピン セブ島 特徴

フィリピン留学はマンツーマンでのレッスンを1日8時間ほど受けることが可能なため、集中して英語力を高めることが出来ます。マンツーマンでのレッスンは自分のレベルに合ったレベルでのレッスンが可能なため英語初心者の方にもオススメです。

マンツーマンレッスンでは、文法のミスや発音のミスをその都度、訂正してもらうことが可能なため、自信を持って英語を使えるようになります。

さらに、フィリピン・セブ島留学にかかる費用は、他国での留学と比べると格安での留学が可能なため、留学先としてとても人気です。フィリピン・セブ島の物価は日本と比べると3分の1程度で、レストランで食事をしても日本円で300円ほどで収めることが出来ます。

また日本から直行便で5時間で行くことができるため、短期での留学も人気です。

 

フィリピン・セブ島に留学する場合もビザの申請が必要になります。

ビザ申請料金は、30日以内の短期留学の場合は、無料で申請することが出来ます。

30日を超える場合は、延長費用が3,030ペソ(約6,500円)かかります。
※事前のビザ申請は不要です。

そのほかに、SSP申請(外国人がフィリピンで国内で留学をするために必要なもの)が必要なため、SSP申請に5,500ペソ(約12,000円)程度が必要になります。

※SSP料金は語学学校により異なります。

まとめ

まとめ

オーストラリア留学とフィリピン・セブ島留学の特徴を紹介しました。どちらにも魅力がたくさんあるのでそれぞれの目的に合った留学先を選ぶようにしましょう。

マンツーマンでのレッスンを受けたい方はフィリピン・セブ島留学、グループでのレッスンを受けたいという方にはオーストラリア留学がオススメです!

ミライズ留学では、一人ひとりの目的に合わせたフルオーダーメイドでレッスンを受けることができるため初心者から上級者の方も満足のいくレッスンを受けることができます。

実践ですぐに使える日常英会話はもちろん、世界のビジネス現場で通用するビジネス英語やTOEICなどの各種試験対策もすることができるので、様々な目的に合わせたレッスンが可能です。

 

ミライズ留学では実際に行われているレッスンを日本で無料で体験でき、プロの留学カウンセラーから話が聞けるので、フィリピン・セブ島留学について知りたい方は、ぜひ無料体験レッスンにお越しください。

無料体験レッスンはこちら!

 

ミライズ留学では、日本で英会話教室「ミライズ英会話」を展開しています!

1レッスン2,980円からカフェのような空間の中で英会話レッスンを楽しんで頂けます。

渋谷、新宿、池袋、銀座、上野、横浜、八重洲に開校しており、ライフスタイルに合わせてレッスンに通って頂けます。

まとまった時間を取るのが難しい方は、英会話教室に通ってみませんか?まずは無料体験レッスンにお越しください!

ミライズ英会話についてはこちら!

 

 

 

ミライズ留学をもっと知るなら無料相談

フィリピン・セブ島語学学校ミライズ留学は、英会話初心者〜上級者まで幅広いニーズにお答えして、社会人に特化した語学留学を提供しています。

「グローバルで活躍できる英語力を欲しい」「英語初心者だけど1から語学留学で、英語を習得させたい」と考えている人は、プロのカウンセラーによる無料相談がおすすめです!

無料相談公式サイト