オトナ留学MBAはミライズ留学に名称が変わりました!
ミライズ留学は2019年5月に新校舎に移転しました。それ以前のものは旧校舎の情報となります。

社会人留学

社会人留学をしたらキャリアアップできる? | 就職活動のポイントまとめ

社会人留学-帰国後の就職活動

中・長期の社会人留学を経験される方の多くはキャリアアップを目的にしている方がほとんどです。
しかし、社会人留学を経験した全員が「留学をしたらキャリアップできる」「希望の企業に就職できる」というと、その答えは残念ながら、答えは「ノー」です。

留学を経験することによってスキルや語学が身についているのに、なぜキャリアアップしないのか?そのポイントは?

今回は社会人留学の帰国後の就職活動について、私の経験や感想も含めて詳しくまとめていきます。

社会人留学は就職活動に有利なの?

社会人留学-帰国後の就職活動-留学有利日本で英会話レッスンを受けるよりも集中して英語を学べる語学留学や、海外の学校などでスキルを磨く留学を経験することで日本帰国後のキャリアで活躍している社会人の方はたくさんいます!

しかし、社会人留学中の就職活動はタイミングを逃してしまったり、留学を「ブランク」として判断されてしまったりと不利になることがあるのも確かです。

社会人留学後の就職活動には「成功させるポイント」が存在し、その「ポイント」を抑えて就職活動を行うことが大切なのです。

企業が求めていることを確認することが大切

社会人留学-帰国後の就職活動-企業

社会人留学をしたからといって、その行動力が評価されて特別待遇をされることはありません。他の転職者と同じ扱いで採用活動が進行していきます。
最近は、企業のグローバル化が進み、条件に「ビジネスレベルの英語力」「TOEIC800点以上」などの条件をつける求人票も多く、その点は留学生にとって有利に働くことでしょう。
しかし、企業が求めていることは「その人は即戦力として働くことができるか?」になります。
事前に希望の会社や希望の職種の求人票を確認し、仕事の内容と自分のスキルとのマッチングを確認しておくことが必要なのです。

留学前と同じ職種を希望する人が留学中にする活動のポイント

留学前と同じ職種で「英語力アップ」を目的で留学している人は、どのようなシチュエーションで英語を使いたいかをハッキリさせることがポイントになります。
ビジネスの場においては職種によって必要なシーンは様々です。そのシーンを明確にして英語の練習をしなければ意味がありません。
基本的には、電話や会議の場のレッスンが必要になる方が多いですが、英語での売上表や職務経歴書の書き方の練習が必要な方もいるでしょう。
私の同じ時期に留学している生徒さんの中には、来日している外国人にレストランを紹介する「レストランアテンダー」を目指している人がいました。その方は道案内から食事の紹介まで幅広い内容で英語のレッスンを受けていました。

単純に英会話ができるだけでは、キャリアを成功させることは難しため、限られた留学期間を有効に活かすためにも、「どのようなビジネスシチュエーションでの英会話レッスンが必要か?」確認しておきましょう。

留学後キャリアチェンジを希望する人は…

先ほども伝えましたが、留学経験があるからという理由で優遇されることはないし、「企業が求めているスキル」を持っていることが大切です。
キャリアチェンジを希望する方は、「留学経験はプラスアルファでしかならない」ということを理解しましょう。
全く経験のない職種を目指す方には下のような方法で留学中にスキルを磨くこともおすすめです。

専門学校や大学・大学院

専門スキルを学ぶことができるのが専門学校や大学・大学院などの学校留学です。
希望職種の専門分野をその専門分野の強みである国で学ぶことは、就職活動でも非常に有利です。その専門分野のカリキュラムも日本よりも優れており、その国の歴史や文化が職種と関連していることが多いため、学校以外でも学べることが多いのです。
国際的なネットワーク作りもできるなどさまざまなメリットがあり、グローバル社会で生き抜く力が身につきます。

職務経験を積むインターンシップやワーキング・ホリデー

海外でのインターンシップやワーキングホリデーでは、仕事のスキルや実践的な語学力、国際感覚などを磨くことができます。海外での職業体験でもあるインターンやワーキング・ホリデーの経験は、就職活動での「経歴」でのアピールにつながるでしょう。海外で働く実践ができるのでコミュニティの中での新しい交流や学んだ語学を通じたコミュニケーション力の向上にもつながります。

帰国後すぐに就職活動を行おう!

社会人留学-帰国後の就職活動-就職活動留学が終盤を迎えたら、いよいよ就職活動です。
私の経験上、就職活動は帰国後すぐに始めることが大切です。帰国後は留学中に得た英語力やスキルがすごいスピードで落ちていきます。
可能であれば、留学中から書類の作成を進めておきましょう。

人によっては、TOEICや資格試験も必要になるケースもあるので早めに取得をしておくことをおすすめします。

また、就職活動は企業目線で行うことが大切です。就業後、「その企業で自分はどう活躍できるか?」をイメージし、アピールできなければいけません。
今一度、今までの自分の経験や、留学中に得られた経験を振り返ってみてください。
留学生は、留学中に得た「語学力」の他に、その「積極性」や留学中に得た「国際感覚」が評価されることも多いです。そういった人材を求めている企業も多いので、企業の求めている「人材欄」を確認しておくと、よりよい就職活動ができるでしょう。

社会人留学後の就職活動のこと:まとめ

社会人留学を通して英語が話せるようになるだけでは、就職活動の選考を突破していくのは難しいかもしれません。
企業からは「即戦力としての活躍・貢献」が求められるため、キャリアに活かすことが出来る英語力を身につけ、それをアピールすることが社会人留学では重要です。
今回は社会人留学の就職活動をテーマに記事をまとめました。いかがでしたか?

当ブログ(フィリピン・セブ島にある語学学校「ミライズ留学」)では生徒それぞれのニーズとレベルに合わせたオリジナルのカリキュラムを作成し、マンツーマンで英会話レッスンが受けられる社会人限定の語学学校を運営しています。
講師も社会人経験者のみを採用しており、ビジネスシーンに理解があるため、社会人の求めるビジネスシーンに沿ったレッスンを受けることが可能です。

社会人の方に取って、それぞれの目的や希望に沿う授業を提供できるように留学説明会や無料体験レッスンを実施しています。
説明会や無料体験レッスン、個人面談を受けることで より価値ある短期留学への情報が得られて留学生活をイメージできるのでオススメです!

 

無料体験レッスン&面談はこちら
 

 

ABOUT ME
よっしー
【ミライズ留学専属外部ライター】 フィリピン留学とオーストラリア留学経験者。フィリピンでは、3つの語学学校の留学経験とセブ島に1年以上滞在してました。ミライズ留学卒業生でもあり、「MeRISEブログ」では、フィリピン・セブ島留学の魅力をまとめていきます。
ミライズ留学をもっと知るなら無料相談

フィリピン・セブ島語学学校ミライズ留学は、英会話初心者〜上級者まで幅広いニーズにお答えして、社会人に特化した語学留学を提供しています。

「グローバルで活躍できる英語力を欲しい」「英語初心者だけど1から語学留学で、英語を習得させたい」と考えている人は、プロのカウンセラーによる無料相談がおすすめです!

無料相談公式サイト