苦手を克服!様々なことに挑戦したフィリピン留学 | フィリピン英語留学・セブ島語学留学ならMeRISE(ミライズ)留学

苦手を克服!様々なこと... | フィリピン英語留学・セブ島語学留学ならMeRISE(ミライズ)留学

入学申し込み

VOICE

DSC_0013
162

苦手を克服!様々なことに挑戦したフィリピン留学

佐藤絋貴 30歳 / 元メーカー勤務

ミライズ留学は2019年5月に新校舎に移転しました。それ以前のものは旧校舎での体験談となります。



ひろき 今までお仕事は何をされていましたか?


DSC_0027今まではCanonで働いていました。初めは国内販売がメインで、ほとんど英語使う機会はなかったのですが、4年目の時にインドに異動になり、英語を使ってインド人とコミュニケーションをとっていました。
南アジアや東南アジアの人にとって英語は第二言語なので、伝えられれば良し、というところがあり、不便ではあったけど仕事には支障はなかったです。ですが、その後日本に戻ってイギリスやスウェーデンの会社と電話会議をした際、ネイティブの方が言っている事が全然理解出来ず、ネイティブの方を相手にすると引け目を感じていました。 


ひろき この先の予定はどうされるのですか?


DSC_0027マニラでESLビジネスをやります。
MBAに来たのも大学の先輩がここに来ていて、凄くいいよと勧められたのがきっかけで、英語の勉強はもちろん、ESLビジネスやるならフィリピン留学がどういうものなのか一度経験しておきたかったのもMBAでの留学を決めた理由の一つです。


ひろき 実際にMBAに来ていかがでしたか?


DSC_0027MBAは先生の質も授業の質もとても高く、想像していたよりも凄く良かったです。
以前、カナダとオーストラリアに留学していた時は、どちらもジェネラルイングリッシュの1クラス7,8人のグループクラスでしたので、マンツーマンレッスンがどれ程いいか知ることが出来ました。
そして、カナダやオーストラリアの先生は、転職の間や旅行の合間に働いてる人が多く、レッスンの中ではフレンドリーだけど、レッスンが終わった瞬間じゃーねーみたいな(笑)。そういうことが結構あって、でもフィリピンの先生方は授業後もずっとフレンドリーに話しかけてくれて、そういったところも好きでした。そして英語だけじゃなく、コンテンツ自体も学べて勉強になることが多かったです。もっと早くフィリピン留学に来ておくべきだったって後悔しています。


ひろき フィリピン人の英語は癖があると言われていますが、MBAの講師はどうでしたか?


DSC_0027全然感じないです!
基本的に日本人が学校で習う英語はアメリカ英語なので、オーストラリアやニュージーランド、イギリスで聞く英語よりよっぽどフィリピン人の英語は聞き取りやすいです。
そして、ガードマンやクリーニングスタッフの人達も英語が話せる事にびっくりしました。
仕事に対するプロ意識もすごく高くて、言葉が、とかではなく意識的に絶対勝てないな、と思いました。ネゴシエーションやっていても英語じゃない部分で負けてるなって場面があって。悔しいというかちょっとジェラシーを感じる時もあって、今度来るときは負かしにきたいです(笑)。


ひろき 1か月半で英語上達した実感はありましたか?


DSC_0027客観的に見たらそうかもしれませんが、自分の中ではそんなに変化はなかったです。
でも学生時代に一回やっていたけど忘れていた単語やフレーズとかは思い出す事が出来ました。
そう考えるとスピーキングは少しスムーズに話せるようになりましたかね。


ひろき 1日どのくらい勉強していましたか?


DSC_00271日平均で言ったら、3時間くらいですかね。
6週間のうち隔週でプレゼンテーション(※1)をやっていたので、3週間はその準備もやっていました。

※1:MBAオリジナル校で毎週金曜日に行われているプレゼンテーションクラス


ひろき プレゼンテーションはどうでしたか?


DSC_0027元々人前で話すのは全然ダメで、3回やったうちの1回目は凄く緊張でセリフも飛ぶし、声のトーンもちょっと違いました(笑)。会場の雰囲気はイベント感があって柔らかい雰囲気ですが、程よく緊張もできて、そして普段の会話では学ばないトランジションワードを学べる事はとてもよかったです。
そして、やる度に自分にがっかりして、もっと勉強しよう!と思うきっかけになりました。


ひろき セブ留学のいいところはありますか?


DSC_0027圧倒的にいいのは物価が安い、カナダやオーストラリア、ニュージーランドに比べて地理的に近いところです。時差もたった1時間しかないのもいいところですね。
フィリピン人は小さい頃から英語を勉強している影響とアメリカのドラマ、映画、音楽の影響を受けているので、凄いウェスタンカルチャーで文化もアジアよりアメリカ寄りな気がします。そしてホスピタリティーを凄く感じました。自分のウィークポイントや改善点に対して、一番いい解決策を探そうとしてくれている姿勢が伝わってきますし、それは教材にも表れていて、日本人に負けないほど真面目な先生が多いです。
フィリピン人は英語を母国語じゃなくて第二言語として学んでいるので、英語がどう難しいか、英語の教え方、勉強の仕方を知っていると思います。そのことも、他のネイティブの国と比べてフィリピン留学の優れている点かなと思います。



ひろき 佐藤さんはすでに英語が上手ですが、どのように勉強しましたか?


DSC_0027続けることですね。かつ、たまに集中的に学ぶっていうのが私には一番合っていました。
自分にとって一番負荷にならない方法を探す事をおすすめします。
映画を見るとか外国人と会って遊ぶとか、時間があるなら英語環境に飛び込んだ方が圧倒的に身につくのは早いです。
そして次に語彙力を増やすことですね。文法めちゃくちゃでもボキャブラリーがあれば最悪コミュニケーションとれますし、コミュニケーションの積み重ねで英語って楽しいなと思うことが出来て、それがモチベーションになりました。
最初はどうしても結び付けられる英語の知識が少なく、なかなか伸びている実感がわかないですが、それを乗りこえると結び付けられる知識も増えてどんどん加速していきました。


ひろき 最後にMBAをご検討されている方にメッセージをお願いします。


DSC_0027他の国と比べても先生がとても優秀で質が高いです。
求めているアドバイスをくれますし、間違いなくいい環境だと確信をもって勧めたいです! 





入学について相談をしたい方

Contactお問い合わせ

03-4405-8478 (平日)11:00~20:00
(土日祝)10:00~18:00

\ ご相談は無料です!/

無料見積

無料見積