セブ島での留学生活について | フィリピン英語留学・セブ島語学留学ならMeRISE(ミライズ)留学

セブ島での留学生活について | フィリピン英語留学・セブ島語学留学ならMeRISE(ミライズ)留学

入学申し込み

フィリピン・セブ島留学の生活について

  • ホーム
  • フィリピン・セブ島留学の生活について

フィリピン・セブ島留学前に気になることを解決!

ミライズ留学は、3,000名以上の生徒様から送り出す中で、
授業以外の事柄でも疑問やお悩みを解決できるようサポートしてきました。
このページでは、留学を検討されている多くの方が気になることをご紹介いたします。

セブ島について

フィリピン・セブ島ってどんな国?

東南アジアにあるフィリピン・セブ島は、一年間を通して気温・湿度が高く、平均気温が26~28℃と常夏。
海がとてもキレイで、世界的なリゾート地としても有名です。日本との時差は1時間、日本から4時間半~5時間で行くことができます。通貨はフィリピンペソで、1ペソあたり約2円です。

フィリピンは、世界で3番目に英語を話す人口が多い国です。
小学校低学年から英語を勉強するのが当たり前で、小さい時から英語教育をしっかり受けています。

ネイティブじゃない人に英語を教わるのって大丈夫なの?という意見もありますが、MeRISE留学の講師陣は英語教授法の国際資格である「TESOL」を所持している為、非常にクオリティの高いレッスンを受けて頂く事が可能です。

フィリピン・セブ島の食事面について

フィリピン・セブ島の食事は安くて美味しいので、ついつい食べてしまいがちです。ですが日本と比べると衛生面で劣るため、食事の際は注意が必要です。

とくに水道水は絶対に飲まないようにしましょう。飲食店の氷にも注意です。
MeRISE留学の学校施設内には、ウォーターサーバーを完備しているため、安心してお水をお飲み頂けます。

また日本と違って、フィリピンの飲食店の取り皿やコップはきちんと殺菌ができているか怪しいので、食事前にしっかり拭きましょう。日本にいる感覚で食事をするとお腹を壊してしまうので、注意をしながら食事をとってください。

フィリピン・セブ島の気になる治安は?

MeRISE留学の学校施設は、近くにフィリピン・セブ市の官公庁があるため、非常に安全なエリアに校舎を構えています。
ですが正直なところ、フィリピン・セブ島は発展途上国のため、場所によっては治安が悪い所もあります。

そのため危険な場所は事前に把握しておき、知らない人にはついていかないようにしてください。また外出時は高価なものを持ち歩かないようにしましょう。

留学に来ている日本人=お金を持っている、というイメージがありますので、外出時は特に気を付けて歩くようにしましょう。
特に夜間は十分注意し、女性一人で夜間に出歩かないようにしてください。

セブ島での暮らしについて

週末は海でアクティビティ!

フィリピン・セブ島留学に行ったら、週末はキレイな海でアクティビティを楽しみましょう。
中でもアイランドホッピングとジンベイザメウォッチングは定番中の定番です。

アイランドホッピングとは、ボートで島をいくつか回ってシュノーケリングやご飯を楽しむツアーのことです。ジンベイザメウォッチングは、大迫力のジンベイザメを間近に見ることが出来ます。

ただし、どちらのアクティビティも日焼けには注意です!セブ島は日本の7倍の紫外線量なので、日焼け止めをしっかり塗っていきましょう。

フィリピン・セブ島の移動手段

フィリピン・セブ島の移動手段は、タクシーかGrabを使いましょう。
タクシーは安全、かつ初乗り価格も安い(約80円)ので、気軽に乗る事ができます。

Grabとはスマホで簡単にタクシーを呼べるアプリの事で、最も安全かつ低価格なのでオススメです。予め日本でダウンロードしておき、登録まで済ませておきましょう。

他にジプニーというフィリピン・セブ島のローカルバスもありますが、スリの危険もあるのでオススメしません。

フィリピン・セブ島のインターネット事情

MeRISE留学の施設内にはwi-fiが通っているので、インターネット接続は特に問題ありません。
外出する際にインターネットを利用する際は、ポケットwi-fiをレンタルするようにしましょう。

空港もしくは現地のショッピングモールで購入可能です。また長期の留学をする方は、現地で格安simを購入することをオススメします。
こちらも空港やショッピングモールで簡単に購入できます。

フィリピン・セブ島の病院

フィリピン・セブ島留学中に万が一病気になった場合、すぐにジャパニーズヘルプデスクに行きましょう。
ジャパニーズヘルプデスクとは、日本人スタッフが日本語で対応して下さる病院のことです。

慣れない環境での留学生活は体調を崩してしまいがちなので、体調が優れない場合にご利用ください。
また、MeRISE留学には日本人スタッフが常駐しておりますので、困った時にはご相談くださいませ。

ジャパニーズヘルプデスクに行く際に持参する物は、入っている保険の種類により異なります。
1. 海外旅行傷害保険の方
海外旅行傷害保険証を持参
2. クレジットカード付帯付き保険の方
クレジットカードとパスポートを持参
3. 保険に加入していない方
現金を持参

学習施設・講師について

フィリピン・セブ島留学の学校施設について

フィリピン・セブ島で運営している語学学校では、低価格な留学費用で英語を学べるところは多いですが、その反面学校施設の環境は最低限で環境が良くないところもあります。
日本とは異なる環境による留学生活になるため、ストレスになってしまいますので、留学先選びにおいて学校施設の環境は非常に重要です。

MeRISE留学の施設は、カフェのようなお洒落な内装となっており、リラックスした空間で英語学習することができます。
お部屋もとても綺麗で、フィリピン・セブ島の中では珍しく軟水のシャワーを使用しているため、ストレス無く生活して頂くことが可能です。

オーダーメイド型マンツーマンレッスン

MeRISE留学では、お客様一人ひとりの英語学習の目的に合わせた、オーダーメイド型のマンツーマンレッスンを受けて頂く事ができます。
当校のレッスンは市販のテキストを使用せず、一人ひとりに合わせたMeRISEオリジナル教材を使用しております。
弱点に合わせて勉強するのもよし、得意な部分を伸ばしていくのもよし、自分好みにレッスンをアレンジしてみてください。

しかし実際に留学にお越しになった際に、レッスン内容・レベルが違うと感じることも少なくありません。 その際は担任の先生「コアティーチャー」に逐一相談して頂き、ご自身の納得のいくレッスンを受けて頂く事が可能です。

フィリピン・セブ島の語学学校の経営者

フィリピン・セブ島留学は元々韓国人が始めたため、韓国人経営の留学施設が多いです。
韓国人経営の学校は韓国人向けに作られている事が多いので、英語学習カリキュラムや食事が日本人に向いていない事もあります。

一方、MeRISE留学は日本人が経営しております。
日本人経営ですと日本人向けに作られておりますので、カリキュラムや食事面において、安心して留学生活を送る事ができます。

どの経営者が運営しているかで、メリット・デメリットがあります。
フィリピン・セブ島の語学学校選びは慎重に。

MeRISE留学の食事

MeRISE留学は食事にも力を入れており、日本人経営ビストロレストラン「Skillet(スキレット)」を施設の1Fに構えております。
スキレットはセブ島No.1との声も名高いレストランで、美味しい日本食を楽しむことができます。

スキレットのオススメメニューは「ふわトロオムライス」です!
またMeRISE留学の生徒のみなさんは朝食がついておりますので、美味しい朝ご飯を食べて1日のスタートを切りましょう!
(写真はイメージです)

フィリピン・セブ島留学する人の英語レベル

フィリピン・セブ島留学は英語をほとんど喋れない初心者から、日常英会話を少しだけ話せる中級者までいます。そのため、英語を基礎から学びたい人にピッタリです。

中にはフィリピン・セブ島留学をステップにして、オーストラリアやカナダなどでワーホリをする人もいます。

MeRISE留学も初心者~中級者の方が多く、英語を一からじっくり基礎固めする人に最適です。
一方MeRISE留学には、社会人専門の語学学校としての知見もあるため、ビジネス英会話にも非常に強い学校となっています。
そのため、仕事で英語を使う上級者のビジネスマンにも、満足いただけるカリキュラムをご用意しております。

英語初心者で英語力に不安がある方にとって、フィリピン人講師とのマンツーマンレッスンは英語力アップの近道です。
MeRISE留学のフィリピン人講師は、英語初心者のつまずきやすい箇所を熟知しておりますので、一歩一歩着実に英語力を上達させていくことが出来ます。

フィリピン・セブ島留学について不安・質問がある場合

留学について不安や疑問がある場合、留学経験者に相談するのがオススメです。
MeRISE留学では無料相談を随時実施しています。
経験豊富なカウンセラーとフィリピン・セブ島留学の不安を解消しませんか?
みなさまのご来校をお待ちしております。

入学について相談をしたい方

Contactお問い合わせ

03-4405-8478 (平日)11:00~20:00
(土日祝)10:00~18:00

\ ご相談は無料です!/

無料見積

無料見積